ATHLETES

​アスアスラボで講師を務めていただいたアスリートをご紹介します。

  • Twitter
古田史郎プロフィール写真_2_edited_edited.jpg

​#09
古田 史郎 / SHIRO FURUTA

  • Twitter

バレーボール

1988年生まれ。函館市出身。函館大学付属有斗高校卒業後、法政大学に進学。在学中に全日本入りした。東レ·アローズ、ジェイテクトSTINGSを経て、2017年、北海道へ拠点を移しプロバレーボール選手として活動。2020年、一般社団法人A-bank 旭川を設立。『スポーツ×地域社会』『夢を育み 素敵な未来を』をテーマに地方創生・創成·共成を目指す。

nii1-2.jpg

#04

仁井 有介 / YUSUKE NII

  • Twitter

​陸上

北海道伊達市出身。元ハイテクAC所属100m選手。全日本実業団選手権優勝経験者。厚別アスリートアカデミー選任コーチ。(一社)A-bank北海道レギュラーアスリート。HTB「夢の授業」かけっこ先生。100m自己ベストタイム 10’’34。小学校から陸上をはじめ、日本、世界の舞台で活躍。大学4年時には陸上競技部キャプテンとしてインカレ総合優勝に貢献。ハイテクACでの選手兼コーチを経て、2014年よりスプリントコーチとして活動。自らの経験を活かし、北海道各地の小中学校や少年団、各種スポーツイベント等において講師を務め、子供から指導者、そして他競技のアスリートにもスプリントコーチングを行っている。

  • Twitter
nanami2-2.jpg

#02

名波 浩 / HIROSHI NANAMI

​サッカー

1972年生まれ。静岡県出身。清水商業高校 - 順天堂大学卒業後、95年ジュビロ磐田に入団。ジュビロ磐田の黄金期を築き、2002年には完全制覇を達成。99年にはイタリア・セリエAのACヴェネツィアへ移籍。初めて日本が出場したフランスW杯では日本の10番を背負う。日本代表67試合9得点。Jリーグ通算331試合34得点。引退後はサッカーの普及活動とともに、テレビ朝日「やべっちFC」でのコメンテーター・解説者としても活動。そして、14年途中に古巣ジュビロ磐田の監督に就任。15年J1昇格を果たし、19年シーズン途中まで監督を務める。

阿部雅司_写真-2.jpg

#03

阿部 雅司 / MASASHI ABE

  • Twitter

​ノルディックスキー

北海道留萌郡小平町出身。中学校からノルディック複合競技を始め、東海大四高校に進学後に東京美装興業(株)に就職する。3度のオリンピックに出場し(1988年カルガリー、92年アルベールビル、94年リレハンメル)、リレハンメル五輪ではノルディック複合団体金メダルを獲得。95年、札幌でのワールドカップで現役を引退。全日本のコーチとして海外を転戦し、2014年ソチオリンピックにてノルディック複合メダル獲得に貢献の後コーチを引退。16年より名寄市職員としてジャンプ競技の普及・指導の道を進み、北海道からメダリスト輩出を目指す。講演会やイベントゲストなど、全国各地で活躍。札幌オリンピックミュージアム名誉館長。

_3SC1096.jpg

#01

森本 稀哲 / HICHORI MORIMOTO

  • Twitter

​野球

1981年1月31日生まれ。帝京高校在学中、第80回全国高校野球選手権大会に出場。99年ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2011年横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)移籍。14年埼玉西武ライオンズへテスト入団。
ベストナイン1回(07年)

ゴールデングラブ賞3回(06・07・08年)

日本シリーズ優秀選手賞1回(06年)

オールスター優秀選手賞2回(06年第2戦、07年第2戦)

オールスター新人賞(06年)

iwamasa1-2.jpg

#01

岩政 大樹 / DAIKI IWAMASA

  • Twitter

​サッカー

1982年1月30日、山口県大島郡周防大島町生まれ。山口県⽴岩国⾼校卒業後、2000年に東京学芸大学教育学部・数学科に⼊学、蹴球部に所属。1年生で関東大学リーグ1部・新人王に輝き、3年時にはU-22日本代表に選出される。04年、大学卒業後に⿅島アントラーズに⼊団、同シーズン後半からレギュラーに定着。リーグ優勝3回、ヤマザキナビスコカップ優勝2回、天皇杯優勝2回に貢献し、自身もJリーグベストイレブンに3度輝く。14年、10年在籍した⿅島を退団し、タイ・プレミアリーグのBECテロ・サーサナへ完全移籍し、リーグカップ優勝に貢献。15年、ファジアーノ岡山に移籍し、移籍初年度よりキャプテンを務める。17年、関東1部リーグの東京ユナイテッドに選手兼コーチとして加⼊。また、東京大学ア式蹴球部コーチに就任。18年、現役引退。08年にサッカー日本代表候補に初招集され、09年10月に代表デビュー。10年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会メンバー、11年のアジアカップ優勝メンバー。国際Aマッチ8試合出場。

#05

朝原 宣治 / NOBUHARU ASAHARA

​陸上

1972年生まれ。兵庫県神戸市出身。高校から陸上競技を始める。大阪ガス入社後、アトランタオリンピック100M出場日本人では28年ぶりに準決勝進出。100M日本記録を3度更新。オリンピック4大会連続出場、世界選手権6回出場。2008年北京オリンピック4×100Mリレーでは銀メダルを獲得。同年36歳で現役生活を引退。10年には陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」を設立。次世代の育成や地域貢献活動にも取り組んでいる。

tateyama.jpg

​#07

建山 義紀 / YOSHIFUMI TATEYAMA

野球

元プロ野球選手・野球解説者。1975年12月26日生まれ、大阪府出身。1998年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。サイドスローから繰り出すキレのある直球とスライダーを武器に、2004年からはセットアッパーに定着し、同年13ホールドで最優秀中継ぎ投手を獲得。2010年オフ、FA権を行使しアメリカ・メジャーリーグのテキサスレンジャーズに入団。2014年シーズンを以って現役を引退。引退後は野球解説者として活動。現在は野球日本代表(侍JAPAN)投手コーチを務めている。

Screenshot 2020-04-17 at 18.38.28.png
北風写真(トリム後).jpg

​#08
北風 沙織  / SAORI KITAKAZE

​陸上

陸上競技選手。100m、11秒42(日本歴代7位)。4X10Qmリレー、43秒39(日本記録保持者)。中学・高校・大学と100mで各世代で日本一となり、小学生から社会人まで日本のトップ選手として活躍。2005年~2015年まで日本代表としてさまざまな世界大会、アジア大会などに出場。2018年に長男を出産し、 産後1年で11 秒台まで走りを戻す。現在は各地方で陸上教室などもおこなっている 。

Screenshot 2020-04-17 at 18.38.39.png

​#06

成田 郁久美 / IKUMI NARITA

​バレーボール

旭川市出身。元全日本女子バレーボール代表選手。全日本のキャプテンも務める。アトランタ、アテネと二度のオリンピックに出場した他、ワールドカップ、世界選手権などの国際大会にも数多く出場。Vリーグでは3度の優勝を経験。多数のポジションをこなし、オリンピックにはエースアタッカーとリベロの2つのポジションで出場した。世界ベスト6、アジアベストプレーヤー、VリーグMVPなど表彰多数。2011年に現役を引退し、14年より一般社団法人A-bank北海道の賛同アスリートとして道内各地で指導を行うなど、活躍を続けている。

白石啓丈プロフィール写真_1_edited_edited.jpg

​#09
白石 啓丈  / HIROTAKE SHIRAISHI

  • Twitter

バレーボール

1990年生まれ。静岡県出身。聖隷クリストファー高等学校を卒業後、筑波大学に進学し、4年次に全日本インカレ優勝を経験。卒業後は、筑波大学での恩師でもある故·都沢凡夫(留萌市出身)が率いるつくばユナイテッドSunGAIAに所属。縁があり2016年に北海道でプロバレーボール選手として活動をスタートした。アスリートとしての価値を追求し、社会にどう還元できるか模索していく。

辰巳遼プロフィール写真_2_edited.jpg

​#09
辰巳 遼 / RYO TATSUMI

  • Twitter

バレーボール

1995年生まれ。奈良県出身。大阪府の清風高校で全国大会準優勝を経験。明治大学に進学後はセッターへ転向。卒業後の2018年より北海道でプロバレーボール選手として活動する。2020年よりA-bank旭川を設立し活動中。

石川直樹プロフィール写真_edited.jpg

​#10
石川 直樹  / NAOKI ISHIKAWA

  • Twitter

サッカー

1985年生まれ。千葉県柏市出身。柏ユースから2004年にトップ昇格し、09年に札幌へ期限付き移籍。11年に新潟、13年に仙台へ移籍後、17年7月に完全移籍で札幌へ再加入し、2020シーズンをもって現役を引退。J1通算264試合出場11得点。引退後は、現役Jリーガーとして初めて取得した「プロフェッショナル心理カウンセラー」の資格をいかし、様々なアスリートのサポートなどを行う。

早坂良太 プロフィール写真.jpg

​#10
早坂 良太 / RYOTA HAYASAKA

  • Twitter

サッカー

1985年生まれ。奈良県出身。2008年、静岡大からHonda FCに加入。2010年にJ2鳥栖に移籍し、11年に37試合10得点を挙げてクラブのJ1昇格に貢献。17年に札幌に移籍し、2020シーズンをもって現役を引退。J1通算196試合出場8得点。引退後は、社会におけるスポーツの役割・価値を最大化する事を軸に様々な事にチャレンジしていく。

曽田雄志プロフィール写真-2.jpg

曽田 雄志 / YUSHI SODA

  • Twitter

サッカー / A-bank北海道 代表理事

1978年札幌生まれ。札幌南高等学校卒業。2001年筑波大学卒業後、コンサドーレ札幌に入団。09年に引退するまで一貫してプレーしたことから「ミスターコンサドーレ」と呼ばれる。引退後は様々な災害支援、社会、教育活動をし、13年に産学官とアスリートを連動した(社)A-bank北海道を立ち上げ、公教育の質向上や課題解決、多種目のアスリートのキャリア支援、地域活性などを行なっている。また、14年から19年9月まで北海道教育大学岩見沢校にてスポーツマーケティング研究室を担当。その他、教育×ICTを事業とするモチベーションワークス株式会社取締役、医療法人における教育担当、様々な土地、テナントのプロデュースなど活動は多岐に渡る。